山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


右足首の捻挫が有痛性外頸骨を誘発

ヒールの高いブーツで凍った路面で滑り捻挫

レントゲン検査で骨には異常はない36歳女性

有痛性外頸骨と診断され湿布薬を処方一週間しても
痛みが引かなければもう一度来て下さいと言われたが
歩くにも足を着けず片足でぴょんぴょん跳ねている状態
これでは仕事に行けないとネットで検索し来院された
 
湿布を貼って来られたが剥がしてもらい患部を見ると
土踏まずの上に凸と硬くなった箇所が現れた、触れると
痛みが有るとのこと
 
立つことも出来ないので立位で歪みを取る事も出来ない
施術法を説明し施術台へ伏臥位右脹脛から開始
足首の捻挫箇所に手法で関節のズレを調整するが痛みは皆無
有痛性外形骨の凸の箇所に触れると痛みは少し引いたが
一点に痛みが有る、マザーキャット(以後MCと記述)で
柔らかく捻転牽引を繰り返すと高さが低くなってきた、
先ほどの一点に触れても痛みが消失している、
 
ご本人:中学の頃陸上やっていてこの箇所が痛くて
病院に何回も通った事を思いだしました
 
私:おそらくその個所が直っていなく捻挫をした事が
誘因になり有痛性外頸骨が再発したのと思われます
 
初回はストレッチを伝え終了、
ビッコを引きながらも両足を突き帰られた。
 
二日後軽やかに歩きながら来院。
 
ご本人:仕事に行くと言ったらもう一日休めと上司から
言われて昨日ゆっくりしたら随分楽になり今日ほとんど
痛み無く普通に近い状態で歩けました
二回目の施術では立位で縦軸の歪みを取り施術を開始
 
伏臥位で土踏まずの上の凸が殆ど解らない位低くなっている
脹脛、足底のアーチを整え五指の関節の靭帯の緊張を取る
事で足の指がスラーッと伸びているのが見て取れる
 
ご本人:(左右を見比べ)ほんと長いですね(笑)
 
ストレッチをもう一種伝え諸注意を伝え終了
 
痛くなった時はすぐに来てくださいと伝えながら見送る
 
お大事にしてください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ