山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


スポーツ障害オスグットの初期と診断され

12歳 男子 バスケット 南陽市から


バスケの試合中痛みで走れなくなり病院に行きオスグットの初期ですねと診断された

検査をしてみると別の箇所に痛みこれは誤診では(笑)と説明。

オスグットは大腿筋の先端が靭帯で膝蓋骨(お皿)の上部を通り脛骨粗面に着いて膝関節をホールドしています、スポーツ過多で大腿筋が癒着をお越し収縮する事で靭帯が緊張をお越し粗脛面から剥離を起こしそうになっている状態(膝下が凸と盛り上がってくる)剥離痛なのです。

今回の痛みは内膝から裏にかけての痛み、大腿筋裏に癒着があり角張っているでしょと、お母さんに触れて確認して頂く、
お母さん:これ?硬いですねぇ。
この筋肉の先が靭帯になっていて骨盤と膝裏下の脛骨に着いていて緊張痛を起していますのでここの筋肉の癒着を取ると靭帯の緊張が緩和され痛みが消失しますと
マザーキャット(以後MCと記述)と手法で癒着と緊張をゆっくり膝の曲げ伸ばしを繰り返しながら取ってゆくと角張っていた筋肉が丸みをおびてきた、立ち上って膝の屈伸をすると。
ご本人:痛くない(笑)
お父さん:良かった(笑)
 
全体の体幹も整え正座の効用とストレッチを伝え終了。
ゆっくり調整しながら練習に復帰しても大丈夫でしょう。
お大事にしてください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ