山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


左脛疲労骨折後骨は着いても痛みが酷い

陸上部走り幅跳び 中学2年 南陽市から

 
昨年7月左大腿筋の肉離れで2回通院後県大会、全国大会の出場したとお母さんよりお礼の言葉を頂く、
その後9月以降に左脛に痛みが出て病院で診断はシンスプリント、それでも練習を続けていたら痛みが酷くなりレントゲン検査で疲労骨折と診断され数週間後骨は大丈夫と言われたが痛みが増してきたとの事で湿布薬を貼り来院。
 
私:湿布薬は痛みを感じさせない様にしているから更に深度が増しますよ。
立位で歪みを取り腰背部に触れると酷い癒着で盛り上がっている、お母さんにここを触ってみて下さいと促す。
 
お母さん:何でこんなになるのですか?(驚愕の声)
私:筋トレばかりしていては筋肉は癒着してしまいます、ストレッチはしていましたか?
ご本人:小さくうなずく。
お母さん:良くしているようですが、ゲームしながらではだめですか?
私:後でもう一度やってみましょう。
 
座位にてマザーキャット(以後MCと記述)でトントンコロコロしたがとても取れない、それではと一度立って前屈をすると指先が床に着くが腰が痛いとの事施術台に上体をうつ伏せにして左足首から手法を施すと徐々に癒着が取れて身体がゆらゆら揺らぎ始めてくる右足も同様にすると、盛り上がっていた癒着部が平になってきた、マザーキャットクッションで筋肉にトントン、(MC)でコロコロ、ゆっくり立って前屈してみましょうと促す。
 
ご本人:アッ楽になりました。
 
施術台で左下肢から大腿筋の癒着を取り膝を曲げ伸ばしをしてもらうと。
 
ご本人:軽いです(笑)
右足は軽い癒着ですぐに取れた。
上向きに体勢を変えて下肢、大腿筋、胸部、上腕へマザーキャットクッションで筋肉に振動を与え骨盤の歪みを取り、股関節の可動範囲を広げる。
 
ご本人で開脚すると:(笑)凄く開く。
 
全体を終了して毎日自分でしているストレッチしてもらうと片足は伸ばしもう一方折りたたんで伸ばした足の爪先を反対側の手で掴み力を込めグイグイ引いている、これは力が入ってストレッチではない、以前教えたストレッチはしてないのと問うと「していない」との答え。
 
ストレッチを伝える前に施術台の上に立ち前屈する、指先が台の下に7㎝伸びた、
ストレッチを約5分伝え先の前屈をしてみると12㎝まで下がる、効果の違いを実感してもらって、室外に出て表の通りを約20mほどジョグすると帰りは思いっきり走り笑顔満面で帰ってきた。
 
お母さん:どうなの?
ご本人:痛くない。
 
帰りにご本人が振り返り有難うございますとゆっくり頭を下げて戸を閉めた。
 
お大事にしてください。
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ