山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


踏み込む・スライドが不安 サッカー高2男子

昨年12月頃から右大腿筋の痛みで練習休み
 

以前より数回来院しその都度痛みの箇所は違う今回は

右大腿筋の前面に痛みが出る、一時は歩くのも痛かったとの事。

どのような動きで痛みが出るか実際に動いてもらう。

踏み込む、右に体重移動をする時に痛みが出て不安が募る

クラブのトレーナーに診て貰ったが回復に至らない。

 

立位で歪みをみるが思ったより歪みは少ない、施術台で上向きにて右大腿筋の施術を始め膝を立て伸展と可動を診ながらアプローチしてゆくが前面はとても良い筋肉の状態?これはむしろ裏側かなと、うつ伏せにハムストリングを触れるとガチガチ、左は全く問題なし(ここですねと伝えながら)右の癒着を取り膝を折り踵を臀部方向に曲げて動かしてもらう。

ご本人:アッ凄い楽です。

 

骨盤の歪みを取り脊柱の歪みを整えてゆくと、股関節に違和感があるとの答え。

両股関節の癒着と緊張を取ると。

ご本人:開きやすくなりました(笑)

 

此処で台から降りて動きの確認をしてみた、全体楽になり良いと言いながら何となく膝を気にしいてる気配に、立位のまま膝への○○法を施すと腓骨骨頭の靭帯の緩みを感じ取る、腓骨(膝下の外側)を挟定して膝の屈曲を促すと。

ご本人:良いです(笑)痛くないです。

腓骨骨頭に処置を施し2~3週間風呂以外、外さない様にと伝える。

処置後踏み込みスライドの動きを繰り返し確認しながら。

ご本人:良いです大丈夫です(笑)

 

一番の原因は腓骨の靭帯の緩みが膝の動きを妨げハムストリングに癒着と靭帯の緊張を生み、骨盤を歪め股関節の可動を狭めていた、順序は遡って腓骨の靭帯の緩みに辿り着く、お大事にしてください。

 

自然形体療法では膝、足首、肘、手首の腓骨の靭帯の緩みを施術の中で捉えて確実に回復する手法手技が確立しています、何処へ行っても結果が出ない時は一度ご相談ください。 

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ