山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


肘・膝骨折の後遺症 女性 宮城県より 

昨年11月に転んで右肘・左膝を骨折一ヶ月ギブスをしていた


ギブスが取れてから右腕が痺れ手が浮腫んで瓶缶の蓋が開けられない
包丁持つ手も浮腫みで握られない、
左膝も取り外しのできる膝パッドで一ヶ月していたが膝が曲がらなくなり
毎朝仏壇にお供えをするにも正座は無理、膝を崩して供えていたとの事

右上腕から前腕に筋肉の癒着が其処彼処に有る、
この癒着が痺れの原因と説明しながら、稼働を確認しながら取って行く。

肩、肘、手首、五指と関節の可動を阻害している筋肉の癒着と靭帯の
緊張を取る事で痺れ、浮腫みも無くなっていく。

ご本人:整形では筋肉の衰えだから筋トレをしなさいと
テニスボールを握るように言われしていたのです。

私:骨折した際の筋肉は癒着してしまいそこに筋トレをするとさらに
癒着は進み手の平の浮腫みと痺れの増幅に繋がったんですネ。

私:左膝の痛みも同様で膝周りの筋肉の改善をする事で無理なく
正座もできますョ、正座は足のストレッチですから毎日少しの時間で
いいから何回かする事をお勧めします。

膝の裏表の癒着を取り大腿筋、ふくらはぎの癒着を取って行く。

立位になり、歩く、膝の屈伸をしながら細かな張り痛みを取って行き、
正座を何度も繰り返しながら細部の癒着を取ると。

ご本人:ほとんど問題なくできます(正座しながら)happy01
もっと早く来ればよかった。

自己療法を伝え終了、お大事にしてください。


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ