山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


半月板損傷 62歳 女性

昨年夏の終わりころひざ痛になりステッキが手放せない


膝に痛みが出て一年この痛さは持病のパーキンソン病から来るものかと思いつつ整形外科を受診、半月板損傷と診断され湿布を貼っていても改善に至らず、鍼灸・整体・カイロ・マッサージに通うが痛みは増すばかり、痛さのためにステッキで膝の周りをコスリ痛さを紛らわせていた、ネットで半月板損傷と検索当院のHPにヒットご主人の運転で宮城県より来院する。

能登美知子1266.JPG立位で歪みを整えるが立っているのが困難な状態で歪みを取りきれない、少し良くなった状態で写真を撮り、施術台にうつ伏せになり右膝裏の緊張を取ってゆく、10分位すると。

ご本人:なんか痛みが少し違ってきました。

仰臥位(上向き)になり左大腿筋がカチカチの状態、かなりこの筋肉は硬いですねと問うと。

ご本人:マッサージや整体で揉んでもらっていたがだんだん痛みが強くなり歩けなくなってステッキ無では何もできなくなってモーどうしょうと思ってもなすすべがなく、痛くて太ももを触らす事もとてもできなかったです。

私:筋肉は揉むと筋繊維が乱れて駄目です、押せば攻撃を受けてると筋肉は受け止め硬くして守ろうとするのが連続して押されたり揉まれたりするとこのような状態になるんです。

ご本人:ふしぎ・不思議、なんだか身体が暖かくなってきて痛みがとても和らいできています。

施術中腸の動きが活発になりクルックルッとおなかが鳴り始めてきた、こんなに恥ずかしい程お腹が鳴くのは近年無かったとの事、膝の施術で半月板に効果の高い手法を施し膝関節にゆとりが出てきて仰向けのまま膝を立て踵が臀部に着いても膝の痛みが出なくなったところで胸背部、頚椎、頭部の緊張を取り終了。

能登美知子1268.JPG
施術後の写真

うっすらと紅潮して 
ご本人:不思議なくらい痛みが取れてます。happy01

初回の施術後午後より2回目も予定して休憩に入る。

休憩はご主人の希望で山形市内で1・2の老舗蕎麦屋に行かれたとの言。

ご本人:とても蕎麦がおいしく食べれました。

私:それはよかったですね、先程おなかが鳴いて身体の緊張がかなり改善してきてますね
美味しく食べることでもっと身体が活性化して薬に頼らない身体になってゆきますョ。

午後の施術前につい身体が軽かったので1日4回のパーキンソン病の薬を飲み忘れさっき服用したので何か身体が震えてますとの事(顔色が白んでいる)で施術台にすぐに乗り施術を始めるが、1回目とは違い身体は暖まらず胃の辺りが冷たく感じるとの言。

施術が進むにつれ顔色も薄く紅潮してきた、大腿筋も先程と違う箇所に痛みが出てその箇所を取ると、違う箇所に出るとゆう事を繰り返しながら、全体の緊張も緩和し歩く速度が速くなってきた。 

ご本人:不思議ですこんなに違うのですね今まで受けていた施術とは全く違いましたありがとうございました。

帰りはステッキも必要ないぐらいしっかりとした足取りで駐車場へ。

追、翌朝、電話を頂き(明るい声で)今朝は痛みがなくほんとに行って良かったです、今度はバスで一人で行きます、山形には友人もいて車を用意してくれるといて言ってくれたのでその方にも見せてあげたいのでとの事、後日の予約を頂く。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ