山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


オスグット・踵痛 バスケット部女子

小学6年春ごろから痛く接骨院に通っていた中学1年生


練習は平日毎日2時間・土日3時間の練習で約1年半膝の痛みに耐えて練習を続けていたとの事、接骨院でオスグットと言われ湿布をしながら通院していたがだんだん痛みが増してくるのでお母さんがネットで検索し十月初旬来院する。

主訴は左膝オスグット他に2か月程前から左踵に痛みが出て走ると痛い、座位で膝の下部の出ている箇所を少しオスと痛いと言う、踵は踵の真下の所を押すと痛いとの事、私は診断を下せないが何人かの骨端症の方を診てきて同様の症状を改善した経験で骨端症の症状と同じ様でその施術法で改善してゆきますと伝え施術に入る。


五十嶺唯1237.JPG施術前に恒例の痛みの検査を膝の屈曲をしてもらう、この時点で痛み極に達している、

施術台に伏臥位(うつ伏せ)になり左踵の骨端部の施術をしながらお母さんに施術した左とまだの右脹脛の硬さを確認してもらう。

お母さん:づいぶん違いますね。

私:踵はこのようにする事で痛みが取れますので自宅でもこのようにしてあげて下さい。
と実際に伝える。





五十嶺唯1238.JPG一通り施術して一度検査のために立ち上がり膝の屈曲をしてもらう、だいぶ腰の位置が下がったがまだ膝に痛みが出る状態、約1年半の期間で大腿部の筋肉の癒着はかなり深部まで進んでいるようだ、2~3か月の方だとここで正座までできる方が大半を占める。

再度立位で大腿筋、脹脛の癒着を改善してゆく。









五十嶺唯1240.JPG
癒着を改善し膝の屈曲ができた。

ご本人:痛くないです。

この後踵の痛みが出ないことを確認。








五十嶺唯1239.JPG
正座もでき施術終了。

私:正座は大腿筋と腓腹筋には最高のストレッチになります又オスグットや所謂成長痛には予防になりますので朝夕の食事時間だけでも正座をすることをお勧めします。

お母さん:家では座卓ですが正座はさせていませんでした、これからさせるようにします。

練習を続けていると痛みが戻りますがストレッチを継続させてください痛みが軽減しますと伝えた終了。

後日の予約を入れて帰宅。


お大事にしてください。



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ