山形市南3番町にある完全無痛の整体院。

やまがた自然形体院


脊柱管狭窄症の原因は

50歳すぎると増加します早めの受診を


脊柱管狭窄症は「椎間板ヘルニア」と並ぶ二大腰痛疾患で、
椎間板ヘルニアより「加齢」により起こる要因が大きいです。

足は杭、骨盤は土台、脊骨は柱このどれか一つが歪めば身体全体に
歪みが生じ、内臓までも歪み規則正しい働きが妨げられ代謝が落ち
不協和音が生じます。

若いころスポーツを励んで腰を痛めたり、腰椎、頸椎ヘルニアや
女性の閉経後の骨粗鬆症など加齢とともに原因になる言われてます。

最近公共施設の耐用年数がよくとりだたされていますが、人間も同様に
特に骨にも老巧化の現実が押し寄せてきます。

こんな症状に気づいたら要注意

腰か痛い、腰から足先までにシビレや痛みがある等。

ご相談ください。

自然形体療法では多くの方が痛みやシビレから解放されてます。



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

やまがた自然形体院のご案内

住      所:
〒990-2443
山形県山形市南3番町10番31号
アクセス:
バス停 南栄町2丁目徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
090-3759-1369
受付時間:
午前10:00~午後13:00
午後15:00~午後19:00
定休日:
火曜日・金曜日
土・日・祝日は開院してます

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ